このガジェットでエラーが発生しました

2010年3月17日水曜日

命名

RIOのリハでした。
すごくいいよ。いいライヴになるだろう予感がする。
バンドはいいね、言うことないです。ほんまに。

さて先日、命名についてのコメントをいただいたのをきっかけに
あたしなりに考えてみた。
命、がついているね。重い言葉です。
妊娠したときのこととか色々思い出したよ・・・。

コタポン君がお腹にやってきたとき、あたしは油断しまくっていた。
名犬うっちぃ君と暮らし始めて8年が経過していたし。
ちょっと子ども産んでみてもいいかもだけど犬でもいっかぁ~
と思っていたら晴天のヘキレキ的に妊娠した。
薬局で妊娠検査薬を買ってきて、トイレで陽性反応を見たとき、
試験紙を振り回してひと踊りしちゃったくらい焦った。
「ひえー!ヤバイ!」
・・・いや結婚してんだから全然ヤバくねえだろ、と、思いなおすあたし。
そんなこんなでお母ちゃんとなったわけだ。

コタポン君の名前はうっちぃ君のお祖母さんの名前と、あたしのお祖父さんの名前を合体させたものだ。
(コタ、とポン、じゃないよ!コタポンは仮名だからね!)
女の子だったらつけようと思ってた名前は「小春」だ。
双子だったらもう一人は「日和」
二人合わせて「こはるびより」となる。
3月生まれだから春らしく。
男女の双子だったら「桃」と「太郎」・・・「ももたろう」ね。
一卵性だったら途中で細胞分裂していつか双子になるかも、ってちょっと思ってた。
・・・・・阿呆です。
コタポンが男の双子で産まれたらカタワレは「爽太郎/そうたろう」
・・・・・の予定だった。

命名のとき、一番気をつけたのは、ほかの読み方が無いこと。
良子(本名)はヨシコとかリョーコとかナガコとか色々読めて面倒だった。
PC入力するとき、変換がめんどくさいのも考え物だ。
仕事上、毎年新学期に新入生データの入力をするのだが
まー凝りに凝っているお名前が年々増えてもう大変。
ありえへん漢字はつかわないほうがいいのでは・・・・。

こはる、はいい名前だと思う。

ちなみにあたしは「都/みやこ」になる予定で、生後しばらくそう呼ばれていたらしい。
親父が勝手に役所に「良子」で届けを出しちゃったのだそうだ。
返す返すも自分勝手な男だけど、俺は親父にそっくりな性格なんだよね・・。

ぜんぜん「良い子」じゃなかったのは、きっと名前負けしたんだろうな。
親父もあの世で「そうかも」って反省しているかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿