このガジェットでエラーが発生しました

2010年1月31日日曜日

深町 純

でいいのかな?
いま超興奮しているので漢字間違ってたら明朝直す。

今日はステイング宮本と嫁のノンタンと一緒に、
深町さんのライヴハウスFJ,sに打ち合わせに行きました。
あーた深町さんは世界的大天才ピアニストなのよ!
相撲の話とかトイメンで話しちゃったよ~。

井上陽水の「氷の世界」も「断絶」も深町さん。
今日ご本人に聞いて膝が砕けた。

毎月最後の土曜日は、深町さんのソロライヴ。
死ぬまでにぜひ一度聞いておこう。

音も確認しておきたいと思って行ったミケちゃん様だが、
もお今となっては覚えているのはケツから3曲目がやたら官能的だったことと、
あたしが即興で歌った、たった4っつの音を使って即すっげー演奏をしてくれたことだ。
ただの鼻歌が春の雪解けのような優しい曲になっていっただよ・・・・感動。
 もお、鍵盤いいなあ。
夢のような時間だった。

文化と文明のお話も良かった。
「宮大工と彫刻家の違いはどこだと思われますか!」
とかってコーフンのあまりくいさがっちまったあたしだが、
懇切丁寧にお答えくださり感激であった。

深町さんのピアノでいつか歌えたらその場ですぐ死んでもいい。

RIOはFJ,sでたぶんやります。4月末かな?。

2010年1月29日金曜日

理性

昨夜はライヴハウスの下見に行った。
やはり何事も自分の目でちゃんと確かめないとね。

ひとりではさすがに心細いので、
ジャンベの大ちゃんについて来てもらう。
大ちゃんは長身ロン毛で大変かっこよくおまけに親切だ。

中目黒にはおいしい串カツ屋さんがある。
酒飲みにはたまらん夢のパラダイスだ。
あの界隈のライヴハウスも食べ物がおいしいように思う。
今のRIOはアコースティツクでゆっくり聞いてもらう感じだから、
その辺ははずせない条件だ。
お客さんも年をとり、舌も耳も肥えているだろうし。

やはりアコースティック・ピアノは置いてなかったが、
アコピにこだわっているのはあたしだけみたいだし(哀)
もういいや・・・。
ご飯が美味しければ。
そして雰囲気がよくてアクセスがよければ。

やや投げやりな気分で帰宅。
RIOは現在、来月レコーディング、この春にライヴ、の線で進んでおります。
音源は、間に合えばライヴのとき販売できるかもしれません。

さて、夜出かけると全身が煙草臭くなる。
これがちょっと苦手だ。

じつは昔は一日三箱吸うヘヴィー・スモーカーだった。
朝、目が覚めたらまず寝床で一服する重症タイプ。
やめて10年くらいだろうか?
やめるときは、煙草とそれ関連の物を一気に捨て、
同時にしばらくだが酒も断った。
酔うと欲望が理性に勝利しちゃうから。
水をたくさん飲み昆布を齧った。
欲望に負けたこともあったが(なにしろ負けやすい)
めでたく禁煙に成功した。
偉いぞ、俺の理性。

やめてよかった事はいっぱいあるけど、
とくに良いのは自由な感じがする事だ。
ニコチン切れのスモーカーは、一服できるタイミングや場所のことが頭の隅に浮かびそれに振り回される。
吸える状況にいるために努力さえしてしまう気がする。
余計な物や習慣は少ないほうが縛りのない自由な生活ができると思うし。
ただでさえがんじがらめの人生、自分で自分を縛るのはやめておきたい。

・・・・・お酒はやめません。

2010年1月27日水曜日

子宝

今日はPTA関連の某委員会に出席。
その前に打ち合わせ等があり、愛犬コタポン君と一緒に登校した。

6時半に起き、子に朝ご飯を与え、洗濯をして
(出来ないことも多いけど)8時に家を出る。
こんな芸当が自分にできるようになろうとは・・・
人間の可能性は無限である。

子どもを産む前の俺の暮らしはというと、
「いいとも」が終わった頃にグダグダと目覚め、
マンションの真下の喫茶店から自堕落に出前をとり
(塩ピラフ定食)
ゲームの攻略本を買うの以外はろくに外出もせず
(ひ、ひきこもりじゃん・・)
ゲームをやり疲れて日の出と共に眠る
(気を失いながらも復活の呪文はメモる)
という、不健康な暮らしをしていた。
その間、名犬うっちぃ君はいつのまにか仕事へ行き、
いつのまにか帰って来ている。
360度どこから見ても駄目女。
カラダのどこを輪切りにしても、
その断面には「怠惰」と烙印されていたにちがいない。

とても今のあたしと同一人物とは思えないが、
これが子宝パワーって奴ですか。

だが基本的にねぼすけが治ったわけではないから当然朝はバタバタだ。
コタポンを「早く早く」と急かしながらも、
お母ちゃんは自分で自分を「早く早く」と急き立てねばならない。

で、バタバタのなかで咳止めの薬を飲んだのだが、
うっかり忘れてその2時間後にまた飲んじゃったの。

某委員会の途中からなんだか頭がラリラリしてはいたのだが、
帰りに寄った図書館の暖房にあたっているうちに
本格的に気分が悪くなり、ソファにへたりこんで一時間ばかり意識不明に。

・・・幸い自力で生還しましたが、みなさん気をつけましょうね!
超恐かったっす・・・。

じつは愛犬コタポン君も、生後間もないとき、
藪医者に処方された薬のミスで生死の境をさまよったことがある。
この医者は実名で非難したいところだが、
つい最近、高齢のためか病院を畳んで引退した。
コタポンの持病は、このときの後遺症ではないか・・・
と言う疑いも拭い去れない。

あのときの経験から、コタポンについては
「生きていればオッケー」と思っている。
おなじ集中治療室で、何人かの赤ちゃんが亡くなるのを見てしまった。
家族の泣き叫ぶ声がたまらなかった。
そして明日はコタポンかも・・・と思うと本当に恐ろしかった。

薬は用法、用量を守って正しく使いましょう。

2010年1月26日火曜日

秘技

今日も仕事。

薬がガッツリ効いてかなり具合が良くなった。
副作用でやたら眠いけど、昨日に比べたら天国です。
王子様に感謝。

今日は延滞資料のあぶり出しをやる予定だったが、プリンターがイカレてしまい断念。
突然暇になり、貸し出しカウンター周りを掃除していたらば、取引先の営業の人が「ごあいさつ」に来た。
この時期の「ごあいさつ」とは、年度末に若干なりとも余った予算を見込んでのセールスにほかならないわけだが、暇だったので長々とお引止めして分類番号のこととかシステムエラーのこととかをグチグチと愚痴る。
前半「ふんふん」と聞いてくれていた営業君だが、後半になり逆に門前払いの悲哀をたっぷり愚痴られる。

秘技、愚痴り返し・・・・。敗北・・・。

最近、風邪のせいで散歩に行けてないので
あたしはとてもとてもストレスが溜まっているのよっ。
夜道をガシガシ歩きたい。
東京タワーが見たい。
爆音で音楽を聴きたい。
もっと好きなだけ酒が飲みたいっ。

プンプン。

次回のために、営業君に愚痴るネタを仕込んでおかねば。
次は絶対勝つ!
首を洗って待っておれ。

2010年1月25日月曜日

地獄に仏

咳が出て出て肋骨が折れそうだ。
でも仕事は休めない~。
おまけに今日の仕事は廃棄本のダンボール詰め。
明日でもいいけど明日はもっと状態悪いかもなので今日やっつける!
軍手とエプロンで力仕事・・・息ぐるじい・・・。
マスクで眼鏡(最近かけてる)が曇って超不快。鏡の自分は超不細工。

ドンヨリ。

毎年かかるのがこのウイルス性の咳風邪で、こいつは抗生物質じゃないと治らない。
いや、治るけど治る頃には肋骨が折れてる。
眠れないし、消耗する。
去年の薬は効きが悪かったので今年は超強力なのを奮発してもらった。
胃が弱いことがバレているから黙ってるとヌルいヤクを処方されてしまうのだ。

抗生物質はガツンと夜露志苦。

ミケちゃん様は、去年から行きつけの病院を変えた。
コタポン君の行きつけ小児科が総合病院だったので、
おなじところの内科に通っていたのだけれど、
ご時世なのか、小児科が縮小されてしまったのだ。
それにそこの内科はいつもめちゃくちゃ混んでいた。
風邪くらいだと舌打ちしやがる失礼な医者もいた。
(そいつは耳鼻科)
気持ちはわからんでもないが、弱っているのに舌打ちは凹む。

今の病院は、個人病院で小児科と内科を診てくれる。
親子同時に診てもらうこともできるわけだ。
子どもと病気をうつしあうことが日常茶飯事のお母ちゃん達にとって、
これは助かる。
なによりお医者さんが優しい。
とにかく優しい!と近所のお母ちゃん達に大評判だったので診てもらったら、ホントに抱きついておいおい泣きたくなるほど優しかったのだ。

「咳でずっと眠れないんです」
「(ふかーく頷きつつ)それはお辛かったですね・・・痛みはいかがですか?」
「頭が痛いです、凄く眠くて疲れてます~」
「(じっとあたしの目を見て)眠れるようなお薬をだしますから、もう大丈夫になると思いますよ(微笑みつつさらにふか~く頷く)」
うわ~んと泣きたくなるが、大人だから我慢。

あたしがお医者さんにもとめるのはこの「もう大丈夫」だ。
藪医者でもいい。いや、この先生は藪じゃないよ。

ちなみに先生は、胸に聴診器を当てるときキッパリと「失礼します」って言う。
さらに聴診器を背中に当てるとき、普通は患者が動いて後ろ向きになると思うけど、そうじゃなくて先生が立ち上がりわざわざ後ろにまわって診察するのだ。
後ろに先生の椅子は無いからどうやら王子様座りをしているようだ。
(片立て膝っつーの?)

プライバシー保護のためか、必要なければ看護士さんはカーテンの向こうで待機(?)しており、完全マンツーマン。
たまらずわんわん泣いてもオッケーなのかもしれない。
下手な心療内科より(たぶん)安らげる。

ド健康なくせに血圧とか計りに病院通いしてしまうお婆さん達の気持ちがよぉくわかる今日この頃だ・・・。

2010年1月23日土曜日

クルポンズ


きょうは港区の子育てネットワークのイベントでこんな感じ。
なかなかナイスよね。
風邪で声出ねえし、きつかったけどダチの「電池が切れるH」が喜んでくれてよかった。
疲れた。
日本酒を、タラコと落花生で飲んで寝ます。
にぎやかなところから帰ると孤独でさみしいよね・・・・。

2010年1月22日金曜日

進化


声が潰れているのでRIOのレコーディングは来月に延期になった。
今日は急遽ミーティングとなる。

名犬うっちい君は、ナニをかくそうプロのレコーディング・エンジニアである。
今回RIOで録音するにあたっては、おんぶに抱っこでよろしくねっ、という経緯があり、だからうっちぃ君もミーティングに参加する。
アナタと結婚して良かった・・・ムフフ。

17時、某デニーズに集合。
まずたつのすけと宮本に「声潰れてごめんなさい」をする。
「あんたはもぉ~」と言いながらおもむろに宮本がノートパソコンをパカッと開く。
そして決定スケジュール等々をしゃかしゃかと入力していく。

昔はノートにきったない字でグネグネとメモっていたように思う。
・・・・進化し電脳化されているスティング宮本。

RIOのミーティングは長い。っていうかクドい。
たつのすけとミケの間で、あきらかに宮本は胃をすり減らせているね・・・。
でもこれは伝統行事みたいなものなのだから仕方がないのだろう。
長い道のりを経て合意に至り、夏までのスケジュールも大体決まった。

レコーディングとライヴ、その目的とやり方、などが話し合われたが、考えてみればあたしが風邪をひかず今日録音、ということになっていたら、ミーテイングで噴出した食い違いはウヤムヤのままになった可能性があるわけで、それってバンドにとって良くないことだし、風邪ひいて声潰れて良かったかも。

とか言うとまた「あんたはもぉ~」って怒られるか・・・・。

2010年1月21日木曜日

素質


水を加えるとぷくぷく膨らんだりゼリー状になったりイクラみたいなツブツブになったりして、お菓子のおすし(おえ~)を作ることが出来る、
「たのしいおすしやさん」
というお菓子キットの製作にいそしむ愛犬コタポン。
めでたく最寄スーパーのポイント10倍デーにゲット!
よかったね(感涙)。

あたしの実家はおすし屋さん。
小学校から帰ると、有明海や玄海灘の海の幸をカウンターで食い放題だった。
ドリンクは梅酒の水割りで、それはソフトドリンクとして認識されており、
小学生だけど平目か何かの握りをアテに普通に飲んでいた。
それはあたしだけではなく、熊本にはそーゆう
「梅酒とビールはソフトドリンク」
って文化が確かにあったのだ。
これで酒飲みにならなかったらどうかしていると思う。
帰省すると、コタポンも同じく驚愕の上ネタを食べ放題なので、
(梅酒はさすがに飲ませないけれども)
「おすし屋さん」
が将来の職業候補にあがっているようだ。
一位は「大工さん」。
いいねぇ・・・・職人って萌えるわ。

今日は朝からヨガに行った。
ヨガはやっぱいいね。
太陽礼拝、という一連の動作をすると、カラダの隅々まで「血」と「気」が充実する感じがする。
ウチでもよくやるけど、一人でやるよりみんなでやるほうが波動を感じる。
元来一人が好きな俺には、この感覚は非常に貴重なものだ。
このことについては後日みっちり書いてみたい。
自分でもなぜだかよくわからないから。

午後はコタポンの学校の保護者会へ出席。
先生もある意味職人だと思う。
修行があり、熟練していく。
わけわからん質問をする保護者もいるからだろうか、
「何かご質問はありますか?」
と問う時、なんかスゲー緊張が走るように思う。

手に汗握る。俺だけか?

ついでにコタポンの机の中を強制捜査したらば、でっかい石がお道具箱に入っていた。

なぜ石・・・・。

2010年1月20日水曜日

抵抗力

俺、風邪ひいた。
ひ弱そうに見えるが、生まれながらにカラダは丈夫だった(母談)。
家中インフルエンザに感染しても一人だけ平気、学級閉鎖になっても絶対生き残ってるタイプ。

普段丈夫な人間は、ちょっと熱がでたりすると急に弱気になる。
あたしの父親もそうで、他人が風邪ひくと「気合が足りない!」などと言って容赦なくこき使うくせに、自分がくしゃみでもすると「死ぬ死ぬ」と大騒ぎだ。

その父も今ではあの世だが。

最近、人並みに風邪をひくようになり、年に1回程だが病院のお世話になる。
かたっぱしからあらゆる菌に感染し、病弱だったコタポンが丈夫になってきたのに反比例するように、お母ちゃんの抵抗力は右肩下がりに落ちていくように思えるのだが・・・奴に何かを吸い取られているとしか思えない。


この風邪は喉に来るらしく、今、人生初めてくらいに喉が潰れている。
じつは今週末、RIOはレコーディングを予定しているのにである。
「鋼の声帯」と言われていた俺なのに・・・。

現役の頃と違い、その日に歌が録れなかったとしてもウン百万円がすっ飛ぶようなプレッシャーはもう無い。
しかし仮歌くらいは録れないといかにもマズイ。

明日は病院でぶっとい注射を打ってもらうとしよう。

帰って来い、抵抗力!

2010年1月19日火曜日

名人


おはよーございます。
ゆうべは某団体の新年会に行ってきた。
立食パーティーなのでポシェット斜めがけで張り切る。
でも、おいしいものにありつくには、「待て」ができないといけないんだよ。

どうやら男の価値は挨拶の長さで決まるらしく、冷えたビールを前に延々ご多幸とご健勝を祈念される。
不幸になっても病気になってもいいから今は早く飲みたい。
待つこと都合30分強、「よし!」じゃなくて「乾杯!」のご発声となる。
乾杯担当来賓は、まわりのジリジリ感に押されてかサックリ挨拶サックリ乾杯。
いいぞ、それが真の男だ。
雰囲気読める男前。

ビールがうまいうまいと飲んでいたら完全に出遅れ、お蕎麦があっという間になくなっていたのが返す返すも無念だが、ラムチョップが絶品だったから許そう。

三軒ハシゴして帰宅。

写真はハシゴ友達の「H」と「I」の指だ。
「H」は熱く語った後電池が切れたように突然寝るデンジャラスな女だ。
「I」は、午前零時を過ぎるとどこからともなく現れていつのまにか合流しているというハシゴ名人であらせられる。尊敬。
お代わりをピンポンする友達の指・・・・ビューティフルな眺めだ。

絶対化粧したまま倒れて寝てしまっていると思ったが、ちゃんとコートを掛けお風呂に入り肌の手入れもして寝ていた。酔っ払いも熟練するとこうなるのだ。
目指せ名人。

2010年1月17日日曜日

未熟者

19歳くらいのときから朝寝と朝酒と朝風呂が好きだ。
声を大にして言えるようになってうれしいなぁ。
大人になって良かったって思うであります。

小原庄助を地で行く日曜日、ダラダラ寝ていると耳元で超若い男が囁く。
「ママママママおしるこおしるこおしるこおしる・・・・」
「お・・・・・お?・・・・・お・・・?何?」
これは悪夢の続きか?ヤバイ呪文か?まだ死にたくないよう。

鏡開きの日(15日)に作ると約束しておきながら怠慢こいて今日まで忘れた振りして誤魔化していた「お汁粉」を、今すぐ起きて作れと愛犬コタポン君が迫っているのよ。

はいはい作るよ作ればいいんだろ・・・。

寝床からはいずり起きて漉し餡を鍋に投入し砂糖と塩と水を加えて艶がでるまで煮る。
男どもは、大騒ぎしながらとんかちで鏡餅を砕く。
新聞敷いてやれよっ!と声を荒げてしまう未熟者の俺。

はいできた。
うはうは食べる男ども。
よかったね。

お母ちゃんは眠いから機嫌が悪いままお汁粉を食べる。

そして朝風呂に逃げ込むのだ。
男どもに「風呂にはいる」と宣言する。
それはあたしを一人にしろ、呼ぶまで来るんじゃねえぞ来たらぶっ殺す、と同義語である。

熱めの湯をはり、ラベンダーの精油と塩とオリーブオイルをひと垂らし投入。
こんな日のためにブックオフで買いだめしておいた「二軍落ち」と呼んでいる文庫をバスルームに連れ込む。
「二軍落ち」とは、一昔前のベストセラーとか映画化された原作とかで100円になっていた、しかも文庫本になっていた本です。
読んどかなきゃいけないとは思うけど大枚払う余裕は無く、リアルタイムで図書館に予約して順番待ってると手元に来た頃にはババアになっちまってるって本。
別にリアルにシビアに「今」を生きてるわけじゃないから、五年くらい前のベストセラーでも実際に問題は無い。
その間に日本が戦争でも始めてたら話は別だろうけど。

今日の二軍は「阿修羅ガール」(舞城王太郎/新潮文庫/平成十七年)。

じつはリアルタイムで読んでいる。
立ち読みだけど。こめんね紀伊国屋。

本は風呂で読むのが一番集中できる。
でもヨレヨレになるじゃん・・・。
ぱりっとオビのついたハード・カヴァーを風呂でヨレヨレにしようがしまいが所有者の自由だとは思うけど、本の神がいるとすればバチがあたると思う。
貧乏性なんでしょうけど。

猟奇殺人や凶悪犯罪絡みの話は基本好きだ。
あまりハズレがない気がするし。
人の心の深淵を覗き見て、己の邪悪と重ねる。
善と悪のふり幅がでっかくなりやがては背中合わせになりついには重なってしまう感じ。
わかるわかるわかる、と唸っているうち汗がダラダラ出て耐え切れなくなり、風呂から出る。

こんにちは、現実。

午後は久しぶりにコタポン君と区立図書館へ行く。
ミケちゃん様は「阿修羅ガール」のつづきを読み(読破)、彼はリサイクル工作のハウツー本をむさぼり読む。
最近コタポンはこのテしか読まない。
似たようなのを5冊も借りていたが、好きにすれば良いと思う。
男の脳になってきた証拠と見た。
男にはファンタジーを受け付けなくなる時期があると思う。

昼はサイゼリアでパスタと肉とサラダとフォカッチオ。そして安ワイン。
夜は蒸し鶏とピータンともろきゅうとビール。
コタポンはキムチ丼とゆで卵も食べた。
最近良く食べるようになったな。
やたら食の細いあかんぼだったが。

これからコタポン君を寝かしつけて、職場の図書館で発掘した、比較的最近出版された児童書を読むつもり。
名犬うっちぃ君が仕事で外出しているので、今夜は散歩には出ない。
保護責任ってやつがあるからね。
留守にしていて帰ったら大火事で、子どもが子どもがなかにいるんです~!って悪夢を見たことがあるので夜中は恐くて一秒も外出できない。

古典は追体験なので読むのは苦にならないが、最近の児童書はほとんど義務で読む。
ローティーンの憂鬱とか初恋とかパパの浮気相手のステキでエキセントリックなお姉さんがどーしたとか読んでいて恥ずかしいが仕方あるまい。
お仕事お仕事。

2010年1月15日金曜日

仕事LOVE

今日は仕事。
本を電解水できれいに拭いて、中の破れや汚れをチェック。
シールの跡をシールはがしで愛を込めてはがし、クソガキの落書きをやはり愛を込めて消す。
いつもデータの管理に追われ、本そのものに向かう暇が無いのだが、じつはこんな地味なことがいちばん好きでやりたい仕事だったりする。
ひろ~い図書館で何万冊もの本に囲まれ一人でだま~って仕事する。
さみしくないかと聞かれるが、ぜんぜん平気・・・っていうかパラダイスだ。

喋らなくていい。
笑わなくていい。
本に向かっていると、いろいろなことが免除され開放される。
精神の自由ってやつだろうか。うまくいえないけど。

もはや晩年にさしかかり、物静かだがこちらが望めば雄弁な、本と言うものを相手に仕事が出来てシアワセだ。

別に読書家ってわけではないし、さして知識も無く新刊に早耳なわけでもない。
図書館と人と本とが織り成す「空間」、物体としての本の「存在感」が好きなのかもしれない。

ホッとする。この感じをクソガキの皆さんに伝えたい。
人間関係で苦しいときとか、本が助けてくれる時もあると思う。


お昼は給食を食べ、夜はブロッコリーソースのパスタと蒸した胸肉のサラダ。
炭水化物、よし。
ロンリコのパイナップルジュース割りでいい気分だ。

今夜は散歩はやめて映画でも観るか。

鉄骨LOVE



今宵22時頃の、2010年ニューイヤー・ヴァージョン東京タワーです。
ただ今散歩から帰って参りました。
あ、日付が変わってしまったか。

そういえば大晦日、除夜の鐘をついた帰り道、このイルミネーションに変わる瞬間を見たのだった。
一家三人、起きて新年を迎えた初めての瞬間だった。
我が家の男どもであるところの名犬&愛犬は、なにしろおネムになるのが早い。
毎年ミケちゃん様がひとりぼっちで鐘つきに行くのが恒例だったの・・・・それってやっぱりさみしいじゃん・・・。

散歩ついでに東京タワーを撮影していると、自分がこの建造物をどんどん好きになっていくのを感じる。
あたしの場合、命無いものを擬人化しはじめると、ソレに愛が芽生えた証拠なのよね。
たとえば鶴見つばさ橋とか。
人の形をしていない、鉄骨のでかいのに惚れやすいと思う。
もはや病です。

しかし東京タワー・ファンと言うものは確かに存在している。
いつも三脚立てて撮影している若い男。
奴は絶対タワー・ファン。
ミケちゃん様は週に2回くらい行くけど、奴は必ずいるもんね。
尋常じゃない熱心さでいろんな角度からいろんなカメラでタワーの写真を撮ってる。
そんなに毎日違わないと思うけど・・・。
たぶん語ったら長いぞ。しかも面白い薀蓄が聞けそう。
話しかけて友達になりたいが、タワーの話が終わったらどうしていいかわからない~。

今日はPTAのなんだかんだで一日を使った。
印刷やら配布物やら諸連絡やら雑用がいっぱい・・・。
だが、くっちゃべりながらヒーターのきいたPTA室に缶詰になるのはキライではない。

お昼はネパールのカレー、夜はひっぱりうどんを食べた。
炭水化物、よし。
・・・って記録すると食べ忘れなくていいかもしれない。

2010年1月13日水曜日

大統領



飲んでるかい?
今宵は軟派にカシスソーダを飲んでます。
そしてレインボウを聞いております。
リッチー・ブラックモア。
超絶ギター。
ありがたや~。




今日は休みだし(仕事は週3日♪)、上野のアメ横まで散歩した。
銀座を抜けてひたすらまっすぐ、秋葉原も抜けてひたすらひたすらまっすぐ行くとアメ横です。
片道一時間半なり。

今日は寒かったのでアキバのメイドも毛糸のパンツをはいていた。

空がやたら青かった。

アキバのネジ屋に入り浸る名犬うっちぃ君。
道端で犬のように待つミケちゃん様。
ネジ(螺子って書くのね)・・・思い切り興味ないです・・・・。

そして俺のパラダイス・アメ横に到着。

輸入食材が安い「カワチヤ」にてペコリーノチーズをゲット。
ここはチーズや缶詰や紅茶、そしてなぜかアロマオイルや手作り石鹸の素材が充実&安い。

続いて失ったカロリーを補給すべく、というのを言い訳に、老舗立ち飲み屋「大統領」にてビールをかっくらいつつ、もつ焼きをいただく。
アメ横に行ったら四の五の言わないでまず立ち飲もう。
奴らは朝からガンガンに営業しているぜっ。
寒いのであんきもで熱燗もね。
しかるのち、本日お目当ての「アメ横センタービル」地下へ突入!

一度探検してみたかった憧れの聖地である。

予感的中。

アジアンな食材や香辛料、普通の肉屋には置いてない部位の臓物類もめちゃくちゃ充実していた。
店頭から漂う妖しいニオイ。
きゃーきゃー言いながらお菓子とか色々買う。
写真はコーフンのあまり完全に頭がハイになっている俺。
瞳孔が開いている・・・。
好物ピータン大袋を破格でゲットしたので、しばらくはピータン長者じゃ。
ぐふふ。

帰りはおとなしく電車で帰り、自宅近くで博多ラーメンの遅いお昼をいただきやした。
炭水化物は大事。

2010年1月12日火曜日

極寒バーベキュウ


今日から仕事始めだ。
夢のような冬休みだったわ・・・・。
肝臓はボロボロだけど気持ちのストレスはゼロでスタートできてシアワセ~。

職場はほったらかしたぶんだけそれなりに仕事も埃もたまっていたが、馬車馬のように働いてなんとか目鼻を付けたぜ。
十進分類法に基づき正確に配置された書架と、来館者をあきさせない展示の工夫。
ザッツ・オーライ。
今年の職業上の目標は、三学期から読み聞かせを実施する学年を拡大し、読書に対する親しみを深める、と、教職員の皆さんとますますコミニュケーション(ノミニケーションか?)をとってより充実した図書館運営の礎と成す、だ。

頑張るぞ!

PTAも来年度のキャスティングに向けて心の準備をする時期。
あたしはもー腹くくってるからぜんぜん平常心じゃい。
今朝は恒例の挨拶運動にも参加した。
あたしの担当する通学路の子ども達は、なかなかいい挨拶をする。いい子だ!
(それとも寝起きの俺が恐いのか・・・・?)


写真は、この冬休み最後のお楽しみ、大ちゃん家の極寒バーベキュウ大会。
昨日の今頃はこんなんだったのにぃ・・・日常モードに切り替わった今、もはやセピア色の思い出だ。
楽しかったなぁ。
寒かったから、日本酒がぐいぐい飲めてほんとにシアワセだったなぁ・・・。

遠い目になっちゃう。

2010年1月11日月曜日

保護色


昼の散歩。
名犬うっちぃ君と歩くときはできるだけ音楽は聴かない。
話が出来ないから。

買出しを兼ねているので渋谷の東急渋谷市場へ向かう。
ジャンベ奏者だいちゃんの新年会にお呼ばれしたので、差し入れの材料を買いにいくのだ。
うっちぃ君はチョコレート・フォンディユを、ミケちゃん様は旬の牡蠣のおつまみを差し入れる予定だ。
牡蠣のおつまみは、先日スティング宮本の嫁にレシピを教えてもらった。
おいしいと思ったものは忘れないうちに作って、人様に食べてもらうのがお料理上達のコツであろう。

牡蠣を洗って、水分かでなくなるまで乾煎りし、出汁醤油に一晩浸ける。
薄めのそばつゆくらい。
食べる前に汁気を切って盛り付ける。
このときサラダオイルを少々まぶすと照りが出てきれい。

出来たじょ!のんたん!


さて、写真はうっちぃ君撮影。
最近「ブログ用にしなさい」って、あたしの写真を撮ってくれる。
そう言えばモノや景色は撮れても、自分で自分を撮るのは大変だもんね・・。
名犬である。

散歩のときに着る服は全身黒だ。
スニーカーは銀。
保護色のつもりだったが、昼だと意味ないっすね。
下見している犯罪者というか・・・・。
でも黒を着てると安心するんだもん。

2010年1月10日日曜日

廃人


正月明けの三連休。
昨日はもー眠くて眠くて廃人同様
でした・・・。

比較的きちんと起きて食べたり遊んだり仕事したりする男どもを尻目に12時間爆睡。
昼過ぎに起きて「GIA」のDVDを観ながら金平糖をかじりながらロンリコをロックで飲み、へべれけになって、ひっぱりウドン(最近のお気に入り!)を作って食べてまた寝てしまったのであった。

そして今朝を迎える。

洗濯がしてありコタポンも生きている。
名犬うっちぃの寝顔を拝みつつ罪滅ぼしの人参ポタージュを朝ごはんに作った。

「GIA」は平たく言うと破天荒なレズビアンのスーパーモデルがジャンキーになり、果てはエイズを患い死んでいくという、すさまじく子どもに見せたくない映画なんだけど好きな映画だ。
アンジェリーナ・ジョリィーが若い。
気持ちいいくらい太く短い人生が、自堕落な昼下がりにぴったりフィット。

今日は堅気のお母ちゃんとして生きるぞ!
冷蔵庫がからっぽだからまず買出しに行かないと。

2010年1月8日金曜日

さいたま新都心

コタポンがお世話になっている病院があるので、月イチ、さいたま新都心駅に降り立つ。
たいした病気ではありませんが、この地にゴッドハンドな名医が居るのさ。
治療に必要な日々のデータを届け、薬とアドバイスをもらう。
定期検査以外はお母ちゃんが通うシステムなので、毎月ミケちゃん様の一人旅だ。

今日は疲れていたのか、ぼうっとしている間にずいぶん先の駅まで乗り過ごしていた。
見たことも聞いた事も無い駅の名前とノッペリした駅前の景色に呆然としつつ、病院に連絡をいれたら「いつでも大丈夫ですよ~」とのヘナヘナに優しいお言葉。
予約だの何だのと言った事柄がなんだかどうでも良くなり、改札内の見知らぬコーヒーショップでサボってみる。
ミケちゃん様は、一人でいるのがけっこう好きだ。
一人で知らない場所に居ると、かえってホッとする子どもだった。
迷子率が超高い子ども。

昨日、人に指摘されてあわてて体重計に乗ってみたら、なぜかこの年末年始にゴッソリ減っていた。
最近油断すると体重が減る。もはや婆さんなのか?

ひえぇ~。

カロリーの摂取を、運動量が超えてしまっているので、運動したいならアスリートの食事をしないといけないらしいよ。
なんと、散歩のやりすぎ。

帰り道、アスリートを見習いサイゼリアでパスタを山盛り食ってみた。
バナナもいいらしいけど、キライなんです・・・。

2010年1月7日木曜日

塩辛、干しちゃった


飲んでるかい?

今日は寒かったね・・・。
ミケちゃん様は、二ヶ月ぶりにヘアサロンに行きました。
もーボサボサで。

RIO現役時代からずっとおなじ人に髪をおまかせしている。
このどーしようもないくしゃくしゃ天然パーマの髪質を、彼はたぶんあたしよりも知り尽くしているのではないだろうか?

神である。

代官山でHUMというお店をやっている黒須さん。
長いおつきあいだ。
ワックスとか髪に何かつけるのが苦手なので、ただ洗って、乾かせばいいように切ってもらう。
雨の日なんかめちゃくちゃ爆発するけど、それはそれでそれなりにいい感じになるから凄い。

今日は、「女らしくして」
って言ったら女らしくブローしてくれた。むふふ。

でも明日起きたらどーせ爆発してるの。
いつもの俺。

  ~これでいいのだ~
         byバカボンのパパ

今宵は熱燗。
この酒器は、名犬うっちぃ君の実家からいただいてというかちょろまかして来た。
杯の飲み口が極薄に作られていて、唇の当たりが絶妙です。
ご飯茶碗も薄いほうがお米がおいしく感じると言うし。
絵付けもきれいでしょ。

つまみはフリーズドライのいかの塩辛、その名も
「塩辛、干しちゃった」
えっ!干しちゃったの!
・・・・って思って、浅草の北海道アンテナショップにて衝動買い。

株式会社布目、という函館の会社が作っているようです。
塩辛なのにサクサクなんだよ~(恐)
「げ」って最初思ったけれど、恐いもの見たさで食べてみたらば熱燗にあう!

口の中でお酒とまざって塩辛に戻る。

なんぼでも飲めまっせ、旦那。

2010年1月6日水曜日

くちゅる



飲んでるかい?
今宵はマイヤーズを切らしてしまったので、あたしはロンリコをオレンジジュースで割って飲んでおります。
ロンリコもラムだけど、アルコール度数が75.5度だから、割らないとね。
お母ちゃん明日使い物にならなくなっちゃうじゃん・・・。

冬休みも明日一日を残すのみ。
年末年始、家族サービスおっぽり出して温泉に行っちゃったり飲んだくれていた穴埋めに、思い出作りをしてやるべく、今日は愛犬コタポン君と親子料理教室に行ってきた。
動物パンとポテトサラダとコーンポタージュスープを作ったよ。

コタポン君は何かを作ることがとても好きだ。
学校の授業では勿論図工がいちばん大好きだし、家でも空き箱やペットボトルや割り箸やいろんなガラクタで常に何か作っている。
家の中は空き箱や廃材だらけ。
片隅に積み上げられたいろんなガラクタが、たまに雪崩をおこす。
作ったものもめったに捨てさせてくれないので、ウチは廃品回収倉庫のような有様です。

まあね、あんまりそういうゴチャゴチャが気にならないの・・・・ミケちゃん様も・・・・。
いつも片付いてないと駄目なお母ちゃんだったら発狂してるかも。
この子とあたしのカップリングは絶妙だ。

天の采配を思う。神様ありがとう。

彼がまだ小さくて、ちゃんと喋ることが出来なかったころ、「つくる」と言えなくて「くちゅる」と言っていた。
かわいかった。

セロテープが上手に貼れなくて、かんしゃくを起こして大泣きする2歳くらいのコタポンに、
「指先の指紋のまん中が盛り上がっているのは、手先が器用な証拠だから、もっとおててが大きくなれば何でも上手になるはずだよ」
って、呪いのように言い聞かせたことがある。
以来、出来ないことがあっても、「まだおててが小さいからね」と、自分に言い聞かせて、その時期なりの完成形を目指してやり切るようになった。
親の言葉って凄いよなと思う。

ミケちゃん様も子どものとき、母親に「おまえはおにぎり作りの才能がある」と言われて以来、おにぎりにはうるさい。おにぎりを語るとうんちく話しが超長いぜよ。

・・・どうせならもちょっと違うのを褒めて欲しかったけど、取柄があるって思えるのは幸せなことだよね。

2010年1月5日火曜日

ねこまんま


愛犬コタポン君が、今日も弁当を作れという。
お昼ごはんを食べるために遊びを中断して家に戻るのが面倒なのであろう。
なるほど・・・弁当があれば朝から夕方まで公園の裏山で猿みたく遊びまくれるもんね。
良いところに気がついた。

へいへい、作りゃいいんだろ。

ねこまんまおにぎり弁当。

おかかとお醤油を熱いご飯にまぜまぜして握る。
おかかはケチらずドバッとね。
ばばちゃんの梅干をまん中に、海苔をまいて出来上がりだ。
ネーミングの妙で、がきんちょの皆様に好評である。

ねこまんま・・・・かわいいよね。うふ。

おかずは、定番の玉子焼き、魚肉ソーセージ(マヨネーズをにゅるりんとかける)、インゲンの胡麻和えにした。

コタポンが幼稚園に入園するとき、自信が無くてレシピ本を参考にした時期もあったが、なにせ不器用で短気で大雑把な俺だ。
ハムとなんとかでアンパンマンのお顔を作るとかそーゆう神業は無理と早々に悟ったわ。
やってられっかっちゅーの。お母ちゃんのは忙しいのじゃ。

弁当はスピードが勝負。

ご飯さえ炊いてあれば15分で余裕じゃ!いつでも来い。

まだ幼いコタポンのカラダは、ミケちゃん様が選び与える食べ物だけで作られている。
そこら辺にプレッシャーを感じるお母ちゃんは、あたしだけではないはず。
かなり変テコなお母ちゃんなぶん、食べるものだけはトラディショナルでありたいと思う。

めんどくさいけど・・・。

2010年1月4日月曜日

ポッキリ!


カラダからすっかり酒が抜けたのか超サワヤカな気分で目覚めた。
人間こうでなくちゃいけない。
正月三が日でなまりきったカラダをヨガで鞭打ってみる。
今朝はちょいとハードな英雄のポーズとか立ちポーズを一連、汗ばむくらいみっちり。

何の予定も無くヒマヒマな休日。しあわせ。

午後、愛犬コタポン君は学校のお楽しみ会みたいなのに出かけ、ミケちゃん様は珍しく昼の散歩に出ることにした。
(いつもは夜中。詳しくは過去ブログを参照)
気分を変えて渋谷方面に向かってみる。
例によってレッチリをガンガン聴きながら南麻布から西麻布の裏通り、骨董通りをぬけてやや遠回りで渋谷へ到着。ワンアルバム聞き終わらなかったので意外と早く着いたと思う。

裏通りにはおしゃれなお店が多いけれど、昼歩いてみたら貸し店舗の張り紙がずいぶんあった。
不況なのね・・・・寒い。

まだ時間がありそうなので、ギャルのメッカ、マルキューへ突入してみる。どきやがれガキども!

おりしも新春福袋の投売りが全館挙げて開催中であった。
通路もショップも人だらけ、疲れ果てたちびっこが通路の片隅で帰らぬママを待っている。
がんばれ!人生の不条理をかみしめて強くなるのだ!

店員さんが脚立にのぼり「ポッキリ~!ポッキリ~!」と連呼する様はまるで師走のアメ横だ。
ポッキリって・・・値段言わないとポッキリ何円なのかわかんないぞ。

とっとと出る。

お買い物はゆっくりしたいわ・・・。
新橋の玉木屋(佃煮屋です)なんか、座ってお茶飲んでるといつのまにかお会計まで済んでるもん。
かくありたい。
あああ・・・発言がババア。

東急渋谷市場(こちらはガラガラ)にて晩御飯の買出しを済ませ、帰りはバスで帰宅。

今夜はチキンパエリアとグリーンサラダのポーチドエッグのっけ。
うはうは食べる男ども。よしよし。

写真はミケちゃん様の酒の友「鮭とばの酒びたし」。
鮭とばを一晩日本酒に浸して、かるく炙り、手で細く裂いて頂ます。

今宵はこれにて一杯。

ビールにしたけど、やっぱ熱燗にしとけばよかった~。
不覚。

2010年1月3日日曜日

スティング宮本


頭遺体じゃなくて頭痛い・・・・。
(ナイス変換)
昨日は旧友スティング宮本の家で新年会。
宮本嫁渾身のおご馳走と世界の銘酒の酒池肉林じゃった・・・。

スティング宮本はRIOのリーダーでありベーシストでありソングライターだ。
20年以上の付き合いだ。長い。
RIO解散後紆余曲折あったみたいだけど、さまざまなアーティストさんと仕事をし、今じゃベテランであらせられる。
友達がしあわせそうな様子を見ると、自分もしあわせな気分になるね。

ミケちゃん様一家が到着した頃には皆さんすでに出来上がっており、あわてて飲んだ駆けつけ4杯(1ビール、2日本酒、3ワイン、4ラム)と、食べつけない高級すき焼き肉とヤッサンの濃いキャラがいけなかったのかあっというまに昏倒。
気がつけば2階に寝かされておったのじゃった・・・・。

ああ・・・ナサケナイ・・・。

いい年こいてこんな中学生みたいなことをしている俺は一体何なんだ。
いやいや中学生は酒飲んじゃ駄目。
俺みたいな大人になっちゃうからね。

この写真の後からあまり記憶が無い。

奥さん、コタポンにお年玉ありがとうございました・・・破産したんじゃないかと心配です・・・。

名犬の本領を発揮したうっちぃ君に導かれ、何とか帰宅して倒れて起きたら本日の昼にワープ。
愛犬コタポン君は元気一杯だ。
朝のコラショも済ませパパのピザトーストも食べたからお友達のうちへ行くと言う。
そしてなぜかあたしに弁当を作れという。
頭遺体のに(ナイス変換)。

はいずり起きておにぎりを握り小松菜の煮びたしと白身魚のフライと玉子焼きのヘルシー弁当を作った。

駄目なあたしの罪滅ぼし。

本日は休肝日。
っていうかもう飲めない。

2010年1月1日金曜日

アケオメ!



なにやら恐い人が・・・・。

初詣に行った増上寺でしこたま熱燗を飲み、
ヘベレケになった俺と東京タワーであります。
お互い立っているのがやっとこさな状態と見受けられます。
スカイツリーって最近生意気よねっ!って東京タワーがぼやいていたであります。
増上寺の屋台の煮込みは最高です!

今年も夜露志苦!!

おせち料理


お雑煮の具は、里芋、大根、人参、ほうれん草、なると、塩ブリ。
お餅は九州風に丸餅、醤油ベースの出汁。

カズノコと伊達巻と栗混沌じゃなくて栗きんとんは作りました!
エライ!

ウインクとVサインで結果的に変な顔のコタポン君。

ミケちゃん様は熊本人だから、お屠蘇はトウヒの赤酒で作らねば正月が来ない!
みりんじゃ駄目なの~。